すべて桜でつくったハンドメイドウクレレ

ヘッドウェイの職人が作るハンドメイド「オール桜」ウクレレ

1977年に創業したヘッドウェイギターズは今年42年目を迎え、今では国内有数のアコースティックギターブランドに成長いたしました。
これまでのギター作りの知識・経験をウクレレ作りに注ぎ込んだ「ギターメーカーのハンドメイドウクレレ」です。

 

細部まで気の行き届いたものづくりで、「安心して長く使える」頑丈なギターとしても定評のあるヘッドウェイですが、その姿勢はウクレレ作りでもそのままです。細かいところまで丁寧に作りながら、ウクレレらしいラフさも残し、全体的にシンプルかつ高級感ある雰囲気に仕上げました。

本モデルではボディ全体に桜の木を使用した「オール桜ウクレレ」です。一本一本ごとに木目が違い、木材が天然の素材であることを改めて感じられることができます。指板ポジションマークは小さな桜の花びらをモチーフとして使い、ゴールドメッキのペグと合わせて上品な印象。

GOTOHのUPTL-UBN-GGをペグに採用。伝統的なウクレレはギヤの無いストレートなルックスのフリクションペグですが、これはギヤが無い構造の為チューニングの安定性、操作性に難がありました。当モデルに採用しているペグはプラネタリーギヤ機構を採用しており、伝統的なウクレレペグのルックスながら、ギヤを持ちチューニングの安定性が抜群です。

シンプルな外観ながら、ヘッドウェイウクレレの良いところが随所に詰まったコストパフォーマンスの高いウクレレモデルです。


HSC-ALL-SAKURA'19
製品ページ

 

NEWS


新着情報