「ピックでガンっと弾けば、そのとおりに応えてくれる。」ヘッドウェイの骨太なイメージはブランド創立期である1970年台後半から80年台前半にかけて制作されたギター「HD-115」の印象によるところが大きいです。
2000年代前半、ヘッドウェイブランド復活から数年、当時アコースティックギターの市場はフィンガーピッカーの隆盛を極めていました。
そこでモデルラインナップを2つに分け、昭和から続くヘッドウェイらしいサウンド・弾き心地を踏襲する「HD-701」と、フィンガーピッカー向けに弾きやすく、倍音の多いサウンドを狙った「HD-501」のそれぞれを並行して製作することとしました。

この500番ラインナップは一旦生産を完了しましたが、今年2019年に当時の500番に相当するモダンな仕様、フィンガーピッカーでも弾きやすいヘッドウェイ、というイメージを具現化するレギュラーモデルとして新たにヘッドウェイ「500番」ラインナップを製作いたします。

当時から引き継ぐのはコンセプトであり、安易な焼き回し、リイシューではありません。

HD-115の音、弾き心地が象徴するような「ヘッドウェイのイメージ」とはまたひと味もふた味も違う、「もう一つのヘッドウェイのスタンダード」としての「500番」。あなたの即戦力になるギターです、ぜひ一度そのサウンドをお確かめください。

ネックグリップはどのギタリストにとっても大きな関心ごとの一つ。ナットの幅、ネックの厚み、握った感じなどなど弾く人それぞれに好みがあり、慣れたグリップのギターは演奏もしやすいものです。

「グリップをどういった形状にするか」検討する場合、ヘッドウェイでは特に「音への影響」そしてもちろん「弾き心地への影響」を考えます。 近年のヘッドウェイのネックグリップはほぼ一つの形状を中心に製作していました。社内ではナローVと呼ぶこのグリップは、ネックの厚みの頂点、山が少し高い形状。そのまま山の勾配が緩やか(Uの字状)だと全体的に太く感じられてしまうため、山の両側の肉を落とすことで、結果としてVに近いシェイプです。
新しい500ラインナップは従来のネックグリップの山よりも厚みを-1mm程度抑え、それに合わせてネックの肉付きも調整し、いわゆる「U」に近いグリップ形状にアレンジしました。厚みが抑えられたネックは演奏性の面でメリットになります。ローコードからハイポジションまで広く移動するプレイスタイルの場合、恩恵は特に明らかになります。
ピックでも指弾きでも弾きやすい、オールラウンダーなギターを意識した500シリーズにはこの新しいヘッドウェイのスリムUグリップを採用しています。

従来ナット、サドルはスペック欄に「Bone」と表記されていますが、何の骨かというと牛の骨です。
一般的にナットやサドルの素材は牛骨のほか、タスク、象牙、ブラス、プラスチック、カーボンファイバーなど様々なものが存在し、それぞれに一長一短が見られるわけですが、ヘッドウェイでは一貫して牛骨素材のものを使用し続けています。
この度、従来よりさらに密度が高く、安定した品質のものを確保できる「水牛骨」によるナット、サドルを使用する事になり、新しい500番モデルにも採用しております。
今回こだわったのは言ってみれば「骨密度」。牛骨であっても、部位や個体差により、骨の密度が高いところと低いところが存在します。密度が低い箇所だった場合、ナット材を見るだけでもわかるほどに「す」が入っていたり、質感もスカスカしたものになってしまいます。
ヘッドウェイで新たに採用することになった水牛骨は仕入れ段階で比重に基準を設け1.7以上のもののみ使用する事にしました。この基準は従来の牛骨よりも詰まっていて密度が高く、外観面、質感はもとより音質面でもアドバンテージになるものと考えています。また象牙の比重は1.7から1.9と言われており、象牙と素材特性が近いと考えております。
参考URL
https://www.as-1.co.jp/academy/5/5.html

完成品をお試しいただく際は、ぜひナット・サドルの質感にもご注目ください。

ペグはこれまで多くのモデルでゴトー製SG301のヘッドウェイロゴ入りモデルを使用しておりましたが、500番モデルではグローバー製102-18を採用しています。定番のグローバー102ラインナップの中でもギヤ比18:1でなめらかなチューニングを実現する102-18は従来のペグに比べてわずかに重量が上がり、サスティンなど音色面でのメリットも期待できます。

従来のヘッドウェイはピックストローク時のダイナミクスに対応するために弦高を2.5mm程度に設定しています。弦を強く弾けば振幅が大きくなりますが、弦の振幅幅に対して弦高の方が低い場合、ビビリ音の原因となります。自分の弦高の適正値を知るためには、弦の押さえやすさだけでなく(当然弦高が低い方が押さえやすい訳ですが)「普段どこまで弦を強く弾くか」という点も考慮する必要があります。強くピッキングしても応えられるギターは、弦高も低すぎず適切な高さを維持しています。逆に、フィンガーピッキングで極端に強く弾くことが少ない場合、理屈上弦高は抑えられます。あくまでプレイスタイルにあわせて判断することが重要です。

500番モデルではスムーズな運指、軽いタッチの弾き方で演奏されることに重点を置き、従来のヘッドウェイに比べ弦高を12F上で0.2から0.3mm程度低めにセッティング。左手の運指をスムーズにし、演奏性を高めます。
*楽器の個体差により弦高は1本1本微妙に異なりますので予めご了承ください。

フレットは銅、亜鉛、ニッケルから構成される合金を素材としていますが、用途によって各金属の比率が変化します。
今回ヘッドウェイがフレットメーカーに特注したオリジナルフレットは一般的な「国産フレット」として表現されるものよりも硬度を上げ、さらにフレットの山を従来のフレットよりもごくわずかに(約0.2mm)高くすることで長寿命化を実現しました。

少しだけ高くするのがポイントで、演奏性に大きな影響を与えずにフレット交換時期を伸ばすことができます。

ヘッドロゴは往年の500モデルに使用されていたヘッドウェイ・イーグルインレイのデザインをそのまま採用しました。
一方でHEADWAYロゴマークは2010年台後半に新しくデザインされたセリフ体ロゴを。
定番のブロック体ロゴよりも現代的で、ギターそれ自体の特徴を象徴するようなインパクトと流麗さを兼ね備えたデザインです。
ヘッドロゴはピンクパールを埋め込んで表現しました。レギュラーモデルHD-115と比較し、木材とも馴染む赤系のパールを使用することで高級感があり、落ち着いた雰囲気のヘッドデザインに仕上がりました。

一般的なアコースティックギターにエンドピンジャックを取り付ける場合、エンドピンの下穴をエンドピンジャックに合わせて拡張する必要がありますが、500モデルでは一般的なエンドピンジャックに対応する12.2mm径※の下穴に対応したエンドピンをデフォルトで採用。下穴を拡張する必要がありません。
※実際に取り付ける際はパーツの径とギターの径を必ずお確かめください。

ギターにプリアンプをのせるとき、必ず必要になる電池。9V電池というと重量がありますからギターのボディバランスをできるだけ崩さない様な位置に取り付けます。すなわちたいていの場合はネックブロック部分に電池を取り付けることになるのですが、後付PUの場合、電池ボックスを両面テープなどで固定することが多いです。しかし演奏中はさておき移動中や不意の振動などで電池ボックスごと外れてボディ内部を傷つけるという事故が後を立ちません。
そこで500モデルでは電池ボックスを小さなビスでしっかりと固定しました。これで不意の事故でギターを傷つける心配が無くなります。またボディ内部で配線を固定するためのフックも適所にあらかじめ取り付け済み。線をすっきりと引き回すことができます。

500シリーズでは従来のサテン仕上げをベースにしながら、マット感を抑えた新しい調合のサテン仕上げを生み出しました。
ヘッドウェイギターをご愛用の方には伝わりやすいと思いますが、サテンフィニッシュのネックを弾き続けると特に手がよく当たる箇所からクタッとしたツヤが出てきます。このクタッとしたツヤが出た頃、ギターは弾き手に馴染んでこなれた肌触りになります。フィンガリングもスムーズで、ストレスを感じません。この塗膜の「こなれた感」を再現するのが今回のサテン仕上げの目的です。
手触りが少ししっとりとして、フィンガリングの際もスムーズです。従来のヘッドウェイのネックをご存知の方はもちろん、全く触ったことが無い方にもきっと気に入って頂けるグリップ感に仕上がったと思います。

指板上に規則的に並ぶポジションマーク。シンプルなスノーフレイクデザインや、ツリー・オブ・ライフといった荘厳なものまで色々あります。でも本当に演奏性に影響するのは指板側面に入っている小さなドットであったりします。
従来のヘッドウェイではサイドポジションマークは白いドット状のものを埋め込んでいますが、今回の500モデルでは蓄光によりぼんやりと光りを放つ「ルミインレイ」のドットポジを使用しています。
ステージの演出上、急な暗転があってもサイドポジさえわかってしまえば、フィンガリングミスの心配は大幅に軽減されることでしょう。

最後に、とっても細かいことですが、従来のヘッドウェイギターでは12フレットのポジションマークはその他のフレット同様1つのドットで表現されていましたが、500シリーズでは2つになりました。 こちらの方が便利だと思いませんか?

希望小売価格・・・¥350,000(税抜)
希望小売価格・・・¥330,000(税抜)
希望小売価格・・・¥330,000(税抜)
希望小売価格・・・¥270,000(税抜)
希望小売価格・・・¥250,000(税抜)
希望小売価格・・・¥270,000(税抜)
希望小売価格・・・¥250,000(税抜)
希望小売価格・・・¥270,000(税抜)
希望小売価格・・・¥250,000(税抜)