HD-555 ARS

特別生産
希望小売価格・・・¥380,000(税抜)
Introduction

アドバンスドリアシフトブレイシングを採用したHD-555モデル

HEADWAY Guitarsの定番モデルとしてブランドスタート当時からスタンダードモデルとして位置づけられている「HD-115」。このモデルをスペック面で大幅にアップグレードしたのが「HD-555」です。

そして、HD-555に新開発されたブレイシング"Advanced Rear Shifted X Bracing"を採用した「HD-555 ARS」が完成いたしました。
1音1音しっかりと響き、芯のある迫力のサウンドを是非お試しください。

 

注目のスペック


ブレイシング:アディロンダックスプルースブレイシング、キャロップド・アドバンスドリアシフト

2016年より新しくヘッドウェイが取り組んだのが「アドバンスドリアシフト」。百瀬の製作するカスタムモデルで採用、その後試作も踏まえ、2017年に入り遂に飛鳥チームビルドシリーズで製品化となりました。

 
▲フォワードシフト、ノーマル、アドバンスドリアシフトのトップブレイシング模型

アドバンスドリアシフトはノーマルの位置から若干ブリッジ側に寄せたレイアウト。フォワードシフト、ノーマルの音の傾向を踏まえると、強度が上がり振動しづらくなることで、当初は「硬く扱いづらい音になるのではないか」という見方もありましたが、数本制作する中で得られた結果は音の芯、特に近年のヘッドウェイで少し弱かったプレーン弦(1,2弦)の鳴りに存在感が増した、という予想外の結果でした。1音1音しっかりと鳴り響き、芯のある迫力のサウンドを実現。また、位置をブリッジ側へ寄せることでトップ材に対しての丈夫さも増しています。


ネック:キューバンマホガニー
サウンドのコシ、芯の部分を担うネックに対してキューバンマホガニーを採用することで、これまでよりも更に締まったサウンドが期待できます。

ポジションマーク:スノーフレークAvalone

 



ボディ:アディロンダックスプルーストップ、マダガスカルローズウッドサイドバック
希少性が高くサウンドにも大きく影響を与える「アディロンダックスプルース」をボディトップに採用。ハカランダに次ぐ硬さ、音質で年々希少性の高まっている良質なマダガスカルローズウッドをサイドバック材に使用しました。

ボディ装飾:大柄ヘリンボーン

 


ヘッドトップ:マダガスカルローズウッド
ボディサイド・バックにも使用しているマダガスカルローズウッドをヘッドトップに採用。高級感が高まります。

 


ペグ:GOTOH SE510V-06M XG

 


ピックガード:深い赤が印象的なレッドスワールピックガードを採用。
サドル:ロングサドル
ブリッジピン:Avalone Dot

Specification
Body Top
Adirondack Spruce
Body Side&Back
Madagascar Rosewood
Neck
Cuban Mahogany
Fingerboard
Ebony
Nut
Bone
Saddle
Bone Long
Bridge
Ebony
Machineheads
GOTOH/SXN510V 06M XG
Scale
645mm
Width at Nut
43.0mm
Bracing
Scalloped Advanced Rear Shifted X Bracing
Finish
Thin Urethane
Accessories
ハードケース、六角レンチ、保証書
Movie