About

1977年創業のアコースティックギターファクトリー・ヘッドウェイが贈るジャズモデルライン。
国産最高峰、そして世界トップクラスの品質・鳴りを求めてスタートしたヘッドウェイは、完全手工にこだわり高精度な作り込みと、素材の良さを引き出す事を ポリシーとして製作を行っています。30年以上に亘って培われ、そして受け継がれるヘッドウェイの技術。それによる良質な生鳴りを更に発展させる為にスタートしたのがこのSeventySeven Guitarsです。

 

信頼の品質を長野県松本市から
エレキギターでありながらボディ内に空洞を持つSevnetySevnen Guitarsの各モデル。こういった構造のギターをしっかりと鳴る楽器に完成させるためには素材、製作技術ともに高い水準が求められます。

年間を通して気候が安定し、家具、民族品、漆器など木工の町として知られる長野県松本にSeventySeven Guitars Askamade Seriesを制作する「有限会社飛鳥」があります。
ファクトリーは「加工」「研磨」「塗装」「組込み」の4部門に分割され、それぞれの分野におけるスペシャリストがその工程を担当します。


中でも加工工程では様々な治具やテンプレートを使用し一枚一枚手作業で加工します。
現在、多くのギター工場ではコンピューター制御によるNCルーターによって一度に数工程分の加工が進められ、これによって均一に敏速に、かつ大量に生産することが可能になります。しかし、素材として木材の質は均一ではなく一枚一枚に必ず個体差があります。硬い、柔らかい、軽い、思い、といった木が持つ特徴を考慮しながら強く、あるいは弱く削ることができる熟練のクラフトマンの方が、決まって同じ力で削るNCルーターよりも最終的な加工精度の面で合理的なのです。

素材の個体差という面でいえば、特にアコースティックギターはトップ板、サイド板、バック板それぞれの振動のバランスが重要視されます。材料として高額だったり、希少価値が高い木材を用意したとしても、併せる別の木材のバランスが悪ければ、結果として完成したギターの音色にも価値を見出せないのです。いいギターはいい素材をいいバランスで丁寧に組み上げることで完成します。
Askamade SeriesではこうしたHEADWAYアコースティックギターから続くファクトリーの経験・実績をもってそれぞれのギターを製作します。エレキギター製作だけではなく、アコースティックギタ製作だけでもない、両方の技術を持っているからこそ実現した高い完成度をお確かめください。

About SeventySeven guitars

SeventySeven guitars started in 2006 at "Headway" factory which had been renowed for its qualtiy acoustic guitars. Headway's experience in guitar making prides itself in detailed craftsmanship and a keen eye for the finest selection of materils. 

With ambitious goal of serpassing our own expertise, we created SeventySeven guitars as the series of hollow-body electric guitars with a focus on resonance. 

For every one of our SeventySeven guitars, we have reinvented our own art and technique with exciting new innovations of today, allowing us to create great sound that simply stand the rest.