headway


「和の探求」と「変化」の意味を込めて

 ヘッドウェイでは2014年に初めて桜材を用いたギターを製作してから、それまでアコースティックギターの世界では馴染みのなかった和材の可能性を探求し続けてきました。ギターは元々西洋から来た文化ですが、日本のメーカーとして日本産の材料や和風のモチーフを取り入れたギターを製作することは今では私たちのアイデンティティの一つとなりました。
 ヘッドウェイがディバイザー30周年モデルの一つとして2021年に送り出すのは「和の探求」と「変化」の二つの意味を込めて日本の国蝶「オオムラサキ」をモチーフに取り入れたギターです。蝶は初めから美しい姿では生まれて来ません。幼虫のからさなぎとなり、最後に美しい蝶の姿に変化します。昨年から生活様式や社会が大きく変わる中で、その美しい変化にポジティブな意味合いを込めてモチーフとして採用しました。
 各所に取り入れたインレイによるデザインで今にも蝶が飛び立ちそうな雰囲気に仕上げています。ディバイザー30周年を記念するのにふさわしい鮮やかな一本となりました。


限定生産12本

2021 HD-531 SF,S-ESU/ATB

希望小売価格…¥380,000(税抜)


限定生産18本

2021HF-531 SF,S-ESU/ATB

希望小売価格…¥380,000(税抜)


-オオムラサキモチーフのデザイン-

ヘッドデザイン

ローズウッドの天神に木に止まっているオオムラサキを3種類の素材を使用して表現しました。白と黒のアクリル材で縁取りを行い、羽の真ん中の部分には白蝶貝を使用しています。白蝶貝の部分のみ紫色から黒に変わるグラデーションにて着色し、最後に手作業で白い斑点を書き込んでいます。光のあたり具合や見る方向によって様々な表情に変化します。通常であればカスタムシリーズで使用する手間のかかる手法ですが、30周年の記念モデルのため飛鳥チームビルドにて実現致しました。木の枝を部分にはバック材と同様に桜材を使用しています。


【ブログ】HEADWAY 2021年 限定モデル ヘッドインレイ徹底解説!!

指板デザイン

オオムラサキが羽ばたく姿を指板インレイに表現しております。ローフレットからハイフレットに向かって蝶が羽ばたく様子を細かいパーツを使用して表現しております。一番小さいパーツだと数ミリ単位になりますが、職人の手作業によりひとつひとつ丁寧に仕上げています。

ピックガードデザイン

ピックガードのインレイにはベークライトの材料に彫り込みを入れてその上から塗料を流し込む手法を採用しました。彫りが浅いと塗料の入り込みが悪く綺麗にデザインが出ません。逆に彫りが深いとラインが太くなり不格好な仕上がりとなります。見た目以上に手間のかかる作業ですが、ピックガードにデザインが入ることは限定モデルの証となっております。

ローズ&桜3ピースパック

和材の中でも人気の高い桜材とアコースティックギターを製作する上で欠かせないローズウッド合わせた3Pバック仕様となっています。3Pバックにすることで耳馴染みのあるローズウッドのサウンドに桜特有の歯切れの良さや、柔らかさが感じられるサウンドに仕上げました。

アディロンダックスプルース

トップ材には最高級の希少材、アディロンダックスプルースを使用しました。北米原産のアディロンダックスプルースは旧来のアコースティックギターに使用されていたこともあり希少性の高い材です。詰まった木目の美しいルックスとアディロンダックスプルースならではの低音から高音まで澄んだ豊かな響きを味わうことができます。ギター用の木材としてはトップクラスの価値を持つ材の一つです。

34ブレイシング

Headwayマスタービルダー百瀬の近年の製作実績から最も手応えを感じたブレイシングレイアウト「34ブレーシング」を採用しました。フォワードシフトよりもXブレイシングの交差位置を「4.6mm」ほどブリッジ側に寄せたいわゆる「セミフォーワードシフト」に近いレイアウトで、フォワードシフトブレイシングが持つ柔らかさや倍音感を残しつつ、強度の面でも安定している点が大きな魅力です。

ESUネック

Headway史上で最も薄い設定で握りやすい形状のエキストラスリムUネックを採用しました。ネック内部にカーボンロッドの補強を入れることによりHeadway従来の特徴である堅牢さ、安定性も保持しています。女性や手の小さいプレイヤーにも試して頂きたい自信のネックグリップです。 少し使い馴染んだ後のネックのような半艶仕上げを施すことにより、適度に手がネックに吸い付く程よいグリップ感を実現しました。
エクストラスリムネック特設ページ

特製サウンドホールプレート

2本モデル限定のラベルプレートを製作しました。ピックガードと同様に彫り込みを入れた部分に塗料を流し込む手法を採用し、オオムラサキのモチーフとディバイザーの30周年を記念したロゴも入っております。30周年限定モデルにふさわしい高級感のある仕上がりとなっています。

サウンドホールカバー

こちらも本モデルのみ限定のサウンドホールカバーです。デザイン面だけではなく、調湿効果、消音効果といった機能面でもメリットの大きいオプショナルパーツとなっています。オオムラサキを前面に配置してインパクトあるデザインに仕上げました。羽のあたりを注意深く見ると何か発見があるかもしれません。


合計30本限定生産

2月下旬頃発売!

3月上旬〜中旬頃発売

本商品を楽しみにお待ちいただいている皆様に心よりお詫び申し上げます。
何卒ご了承いただけますようお願い申し上げます。




TOPへ戻る