test

第一回5弦ベース特集 Bacchus WL-534S ASHのご紹介!

Bacchus 5弦ベース特集・第一弾!

最近特に注目度が上がっている5弦ベース。

4弦よりさらに1本低い弦が追加されることで、音域が一気に広がります。4弦ベースだとE音までですが、さらに低くB音まで出せる様になり、演奏の幅が広がります。

ただし注意したいのは「5弦がついていれば何でも良いか」と言うと、そうではありません。

5弦が出せるB音は音程として非常に低く、楽器本体のセッティングや製作精度が良くない場合、音程感が出なかったり、テンション感が緩く感じられたりと、5弦のメリットがそのままデメリットになってしまう可能性も。。

5弦ベースを選ぶ際は、4弦ベース以上に楽器本体の作りやセッティング、仕様について詰めてあるものをお選びいただくのがオススメです。

Bacchus WL-534S ASH

抜群のコストパフォーマンスで人気の高いBacchus Global seriesの中でも、Bacchusを代表するスタンダードモデル「WOODLINE」の系譜に連なるモデル「WL-534」の最新レギュラーモデル「WL-534S ASH」についてご紹介します!

アッシュボディ

素材にこだわればそれだけサウンドにも素材の個性が現れます。5弦の広い音域をバランス良くダイナミックに出力する、良質なアッシュを用いたボディをこのクラスで実現。メイプルネック+リッチライト指板とこのアッシュの組み合わせで、ワイドレンジかつタイトなサウンドが得られます。

スマートなディンキーシェイプボディ

WL-534S ASHを含むBacchusのWOODLINEモデルは全体的にボディアウトラインがスリムで、伝統的なエレキベースよりもボディのフチもスクエアでシャープな印象に仕上げています。※このフチの丸め具合のことを工場では「外周R」と呼んでいます。

ジョイント部ヒールカット

サドルの加工、ナットの加工、フレットの擦り合わせ、フレットのエッジ処理等、触れても痛くないように加工し、弦高やナット溝の深さも通常のアコースティックギターの時同様に調整しています。

搭載ピックアップ

音質に大きく影響を与えるピックアップ。2019年のアップデートで従来のビンテージ志向のピックアップから、ターン数を上げよりモダンな仕様のピックアップにリニューアルしました。伝統的なJBスタイルをスタート地点に、真っ当に進化した現代的なサウンドをお楽しみ頂けます。

ターボスイッチ搭載

トーンノブをプルアップすることで2つのシングルピックアップをシリーズ(直列)接続する「ターボスイッチ」を搭載します。OFFのときは2つのシングルピックアップが並列につながっており、フロントVolとリアVolをそれぞれ調整しますが、ターボスイッチをONすると、ボリュームコントロールはフロントVolノブで調整します。

ターボスイッチをONすると、OFF時と比べて押し出しが強く太いサウンドが飛び出します。

4弦モデルもラインナップ

オイルフィニッシュの質感

アッシュの木目が生きるシースルーのグロスカラーはもちろんのこと、Bacchusオリジナルのオイルフィニッシュもラインナップしています。アッシュの導管の凹凸や絶妙なツヤ感が魅力。Bacchus WOODLINEのオリジナリティを示す重要なポイントです。

本日紹介した製品は

Bacchus Global series WL-534S ASH
希望小売価格・・・¥85,000(税抜)

Bacchus Global series WL-434S ASH
希望小売価格・・・¥75,000(税抜)

お近くの楽器店でお見かけの際は是非お試しください!!