test

【Seventeen Seven JT】日本の職人によるセットアップ風景をお届け!!

2020年から始動したSeventySeven Japan-Tune-upシリーズ!!

このシリーズの肝は日本の職人(Workshop Deviser Guitars)による細部にわたるセッティング作業(=チューンナップ)にあります。
演奏性に関わってくる部分を細部にわたって調整をしております!

工場出荷時の段階からプレイヤーの手になじむように細心の注意を払って最終的な完成度を高めております。
実際どんな部分を手がけているのかをお届けします!

〜セットアップ風景〜

①ナット加工

角を滑らかな仕上げにするために、手作業にて角を落とします。
角を落とした後に全面を番手の細いペーパーにて整えます。

コード変更がスムーズに出来るようにナットの溝を弾きやすい深さまで調節しております。

②フレットすり合わせ

指板上にスケールを当てて、フレットの高さを確認します。

フレット浮きなどがあれば、ハンマーで叩いて修正をかけます。

全ての確認が終わったら、すり合わせを行い全てのフレットを均一に整えます。

③フレットエッジ処理

各フレットのエッジ部分に1本1本職人の手で丁寧に丸みを付けています。
左手の移動が滑らかになりハイフレットまでストレスなくフィンガリングが可能です。

加工前:フレットのエッジが立ってる状態

加工後:フレットのエッジを落として、滑らかに仕上げております。

④指板処理&フレット仕上げ

番手の違うサンドペーパーなどを使い分けフレットを仕上げます。

スチールウールで磨き上げた後、レモンオイルでしっかりと保護しています。

⑤エリクサー弦を使用

長寿命であり、多くのプレイヤーに支持されるエリクサーを使用。Elixir NANOWEB Light(.010-.046)を採用しております。

seventeen seven JT シリーズ 試奏動画

プロギタリストによるSeventySeven Guitars Japan Tune-up series製品のデモンストレーションムービーです。

製品ラインナップ

EXRUBATO-STD JT 
希望小売価格・・・¥130,000(税抜)

EXRUBATO-STD/S-JT 
希望小売価格・・・¥130,000(税抜)

EXRUBATO-CTM JT 
希望小売価格・・・¥160,000(税抜)

HAWK-STD/DEEP JT
希望小売価格・・・¥130,000(税抜)

特設ページはこちらから


ディバイザー公式SNSにて情報を随時配信していきます!
フォロー・チェックをよろしくお願い致します。

DEVISER 公式 Twitter
@DeviserGuitars

DEVISER 公式 Instagram
@deviser2016

DEVISER 公式 Facebook
@deviser.co.jp