test

Headway JTシリーズ特集企画!強化販売店をご紹介!~(株)大野楽器MACS南越谷店様~

ここ最近、アコースティックギターを始められる方が増えているお話しが弊社にも数多く届きます。
そんな中でワークショップディバイザーギターズの職人が手をかけた、「Headway JapanTuneup Series(ジャパンチューンナップシリーズ)」通称JTシリーズが今多くのお客様に手に取って頂いております。

今回そのHeadwayJTシリーズを強化販売頂いている、楽器店の熟練店員さんにJTシリーズの魅力とは何かQ&Aでお答えいただきました!
数多くのギターを触られ確かな知識と技術を持った楽器店の熟練店員さんにはHeadwayJTシリーズはどう映っているのでしょうか。

第2弾となります今回は埼玉県越谷市にございます「(株)大野楽器MACS南越谷店」様にズバリご回答頂きました!

Q&A

Q1:まずは大野楽器様の特色を教えてください。
A1:地域密着型のお店で、地元の常連様に支えられています。基本、ネット通販は行わず、実店舗で対面販売というスタイルを貫いています。近年では自社ブランド「Bruno」によって、お客様の幅、エリアを広げています。

▲当店では入荷したギターの検品や調整にも力を入れております。
検品ついでにギターセッションになってしまうこともしばしば。
時にはお客様も参加し、賑やかな時間を過ごしております。

Q2:Headwayブランドの印象について教えてください。
A2:日本製らしい緻密な造りと、手に取り易い価格が共存したバランスの良い商品が多い印象です。

Q3:その中からHeadwayJTシリーズは最初どんな印象を受けましたか?
A3:10万前後の価格帯は、あまり自信を持っておすすめ出来る物が無く、空洞化していたところに、フィットする価格が魅力だと感じました。

Q4:HeadwayJTシリーズはコストパフォーマンスを追求しておりますが、熟練の店員さんから見ていかがでしょうか。
A4:同価格帯の中で比べても、非常に弾き易いと思います。この「弾き易さ」は初心者にはもちろん、エレキギター歴は長いがアコースティックはあまり弾かないといった方にも勧めやすく、むしろ、「良い音」よりも大切なポイントだと思います。

Q5:HeadwayJTシリーズはどんなユーザーにオススメできますか?
A5:上の内容とも重複しますが、初心者はもちろん、エレキギター弾きにもお勧めできます。また、海外有名ブランドのアコースティックギターをお使いの方にも、この価格でこの弾き易さという部分を体感していただけるのではと思います。

Q6:数あるラインナップの中でイチオシの機種を教えてください。
A6:実績的にはHJ-5080SEというJ-45風のモデルです。ナチュラルカラーが多いアコースティックギターの中で、SB、BKのカラーが目に入り易かったのと、高級感のあるヘッドデザインを気に入っていただけるお客様が多かったです。

Headway HJ-5080SEの製品ページはこちら

Q7:アコースティックギターと言えば生音ですが、HeadwayJTシリーズはライブでの使用も想定しピックアップを搭載しておりますが、このあたりはいかがでしょうか?
A7:ターゲット層の方々が、購入後即エレアコとして使用する事は稀だとも思えますが、接客の中で、将来の「ライブ」はもちろんですが、「結婚式の余興」などにも使えますよ。等々より具体的な未来をイメージしていただく事に一役買ってくれる存在だと思います。

Q8:ネックグリップはどんな印象を受けましたか?
A8:同価格帯では、エッジがきつく、握り込んだ時に指の付け根が痛いものが多いですが、きちんと面取りされており、手になじみやすい。また、太さも気にならない誰でも使いやすいグリップ形状でした。

Q9:HeadwayJTシリーズのここがすごい!と思うポイントはありますか。
A9:既にこれまでの質問でお答えしておりますが、「価格と弾き易さのバランス」です。

Q10:数多くのアコースティックギターを触られていると思いますが、HeadwayJTシリーズでここは他には無い!と思うポイントはありますか。
A10:楽器自体の内容はこれまでにお答えした通りなのですが、少し違った角度でのポイントとしては、ハッキリとアジア工場と日本国内工場のハイブリッド生産であるという事を明記している点だと思います。似た様な生産方式は様々なメーカー、ブランドでも行われていたとは思いますが、ぼかされていることがほとんどだと思います。そこを敢えて明確にすることで、手頃な価格で提供出来る理由もハッキリとお客様へ伝える事が可能となり、安かろう悪かろうという考えを払拭し、安心感を持ってご購入いただけたのではと思います。

Q11:最後にこれからHeadwayJTシリーズの購入をご検討されているお客様へアドバイスをお願い致します。
A11:まずは、低価格ながらも、日本の職人さんの仕事を感じる事が出来るこのシリーズを体感してみてください。そして、御購入後もその弾き易さを維持する為にも、定期的に調整をしましょう。そういった意味でも、リペア、調整等にも力を入れているお店でご購入される事をおすすめ致します。

Q12:大野楽器様でご購入頂くと…
A12:弊社では、日頃からリペア・調整にも力を入れていますので、ご購入時の初期調整はもちろん、御自宅の環境による変化にも対応する為の調整もお預かりする事無くその場で、無料で行っております。どんなに良い楽器でも状態が崩れていると弾きづらく、最悪はご自身の身体も壊しかねません。良い状態を保つ為にも是非プロの調整を体験してみてください。

画像左:若手アーティスト「PARIS on the City!」のギター小林ファンキ風格様。
画像右:(株)大野楽器MACS南越谷店・統括マネージャー西中健司様。

「普段はエレキギター弾きですが、このシリーズはエレキ弾きにも弾き易い弦高で、好感が持てました。音も良いのですが、この弾き心地に一番驚きました!しかも安い!」
アーティストの方からも評価を頂けるHeadwayJTシリーズ。1本1本丁寧に職人が手をかけているからこそ、アーティストの方にも納得頂ける仕上がりになっております。

地域に密着され、お客様ひとりひとりのニーズに合わせた接客があるからこそアーティストの方々も足を運ばれる楽器店様です。
これから楽器を始めたい、今の楽器を買い替えたい、そんな皆さまはぜひ一度ご相談ください。

今回はQ&Aにお答えいただき、大野楽器様ありがとうございました!!

只今Headwayサマーキャンペーン2020開催中!

▼キャンペーン特設サイトへはバナーをクリック!!▼


店舗情報

ご住所:〒343-0845 埼玉県越谷市南越谷1-16-10
お電話:048-986-8686
定休日:毎週水曜、年末年始、夏季休業日あり
営業時間:月~土(11:00~20:00)日(10:00~19:00)


最新完成モデルや新着情報を随時更新中!Twitter
@DeviserGuitars
Instagram
@deviser2016