WL4-QM RSM/M

希望小売価格¥120,000(税抜)

製品番号:401 - 406 / 出展本数:各色30

COLOR

AMBS-製品番号:405 Jan /
4571470400387

CHGS-製品番号:406 Jan /
4571470400394

NAS-製品番号:401 Jan /
4571470400349

BLKS-製品番号:402 Jan /
4571470400356

BRS-製品番号:403 Jan /
4571470400363

REDS-製品番号:404 Jan /
4571470400370

Specification

Body Top

Quilted Maple

Body

Nyato

Neck

Roasted Maple

Fingerboard

Roasted Maple

Nut

PPS

Bridge

JB bridge w/ brass saddle

Machineheads

Opengear

Fret

Nickel Silver

Pickup

Original JB set

Control

2Vol, 1Tone (Pull-up = turbo switch)

Scale

864mm(34inch)

Fingerboard Radius

305R

Width at Nut

38.0mm

Finish

Open-pore

String

D’addario XL-165

Accessories

ギグバッグ、保証書、レンチ

細部の仕様とデザインは予告なく変更になる場合がございます。

Introduction

Video

試奏動画

徹底解説

新始動!Bacchus Japan Tune-upシリーズ

Headway、Seventy Sevenにて評価をいただいているJapan Tune-up series(通称『JTシリーズ』)が、ついにBacchusでも始動。JTシリーズの製品では全てプレイヤーがすぐに実践使用を開始できることをイメージし、長野県松本市にあるディバイザー専門部署において1台1台手間暇を惜しまず調整とセットアップを行っています。 2001年から始まったBacchus最高級ラインのHandmade Seriesのスピリットを受けつぎ、プレイヤーの皆様が安心してその身を預け、最高のパフォーマンスを生み出す楽器を送り出します。

■『JTシリーズ』について

最大の特徴は、経験豊富な日本の職人の手によって行われる最終工程。ディバイザーが有する国内部署「WDG(Workshop Deviser Guitars)」にて、プレイアビリティに直結する部分を丁寧に仕上げます。

上記の作業に加えて、弾きやすさに直結する弦高調整指板の最終仕上げなどもチューンナップの項目として徹底的に行います。新品のギター、ベースは何かと弾きづらさを抱えることが多いですが、JTシリーズではご購入いただいたその日からプレイヤーの音楽ライフを支えられるようこだわりを持ち続けています。

高級感のあるキルトメイプルトップ

※キルトメイプルの杢目には個体差があります。

ボディトップには美しい杢目が目を引く、キルトメイプルを採用。つや消しタイプのマットな仕上げにより、キルトトップでありながらも非常に落ち着いた印象に。

(※画像はカラーサンプルです。製品版ではボディ外周にブラックのバインディングが施されます。)

本機の特徴として、全6色の豊かなカラーバリエーションをラインナップ。自分だけの個性あふれる一本を手にしていただけます。

WOODLINEゆずりのスリムボディ

Handmadeシリーズで培った“WOODLINE”の持つ、ディンキーシェイプのボディを継承。一般的なJBタイプのエレキベースよりややスリムに設計されており、プレイアビリティに優れます。またボディ外周にはブラックのバインディングが施され、高級感のある引き締まったルックスを目指しました。

こだわりの真鍮ネックプレート

比重の高い真鍮(ブラス)製のオリジナルネックプレートを採用。従来品に比べて重量があり、密の詰まった中低音域にかけて広がるベース・トーンが特徴です。

WOODLINEシリーズ定番のターボスイッチ

WOODLINEモデルではおなじみの「ターボスイッチ」を本機でも搭載。トーンノブをプルアップすることで、ターボスイッチがオンとなります。2つのシングルピックアップをシリーズ(直列)接続し、太くハムバッキング・ピックアップのようなサウンドを作り出します。(※ターボスイッチがオンの時音量はフロントVolノブで調整します。この時リアVolノブはバイパスされます)

剛性を高めたローステッドメイプルネック

Bacchusの新定番として好評のローステッドメイプルネックを本機でも採用。熱処理を加えることでネックとしての高い剛性を誇り反りに強くなるのみならず、立ち上がりの良い乾いたサウンドを得意とします。

Bacchus Japan Tune-up Series特設ページ