headway

 Headwayのものづくりの理念の一つに「長く良い状態で安心して弾いていただける楽器づくり」ということが挙げられます。 その理念に従って、Headwayギターのネックはこれまで比較的肉厚な設計で製作されてきました。このネックグリップはHeadwayらしさの一つとして知られており評価も頂いてきましたが、その一方で、「太くて握り辛い」という印象を持ったユーザーも多くいると認識しております。


 2020年、そういったユーザーの声に応えるためにもHeadway では新たに「Extra Slim Grip」としてこれまでとは一線を画すスリムな形状のネックグリップを開発しました。もちろん単純にネックを薄くするだけでは無く、カーボンバーによる補強を施すことによってHeadwayらしさである耐久性も考えぬかれています。

  

 グリップが薄くなる分ネック本体の質量は減少しますが、トラスロッドの両側にカーボンバーを仕込んだ「ハイストレングスネック」構造により剛性は高まり、不要なネックのしなりを押さえて弦の振動がスムーズにボディに伝わります。

 演奏性と耐久性の両面を重視したこの新しいHeadwayのネック、是非楽器店様でお試しください!

2種類のExtra Slim Grip


Extra Slim V Grip (エクストラ・スリムVグリップ)



Headway定番のナローVを大幅にリシェイプ!


新規のお客様はもちろんですが、昔からHeadwayのことを知っているユーザーの皆様にこそお試し頂きたい自信のネックグリップがこの「Extra Slim V Grip」です。Headwayが長年かけて追求してきたナローVシェイプをベースとしながら、大幅なスリム化に成功しました。もちろんHeadway伝統の「堅牢さ」を保持するためにカーボンバーの補強(ハイストレングスネック)といった工夫も施されています。職人の誰もが完成品を持った時、その仕上がりに手応えを感じました。







Extra Slim U Grip (エクストラ・スリムUグリップ)


フィンガースタイルなどモダンな奏法にもおすすめ!薄型Uタイプのグリップ


Extra Slim V Gripと同じく2020年からスタートした「Headway史上最薄のネック」がこの「Extra Slim U Grip」です。1F付近で厚み20.5mmはこれまでのヘッドウェイのネック形状には無かった抜本的なサイズ変更となりました。こちらもカーボンバーの補強によってHeadway従来の堅牢さも保持しています。





ネックグリップはアコースティックギターの演奏性に大きく関わり、パフォーマンスに大きな影響を与える大事な要素です。 ぜひ楽器店で色々なギターを弾き比べて、自分に最もフィットするネックを探してください。 その際にHeadwayが自信を持って送り出す「Extra Slim Grip」 を試して頂き、実感して頂ければ幸いです。

USER’S VOICE – お客様の声 –

試奏アンケートにご回答いただいたコメントを一部掲載させていただきます。

DEALER’S VOICE – 楽器店の声 –

 Extra Slim Neckを採用したHeadwayギターを展開頂いている楽器店の皆様から推薦のコメントを頂きました!




 

エクストラスリムネック搭載定番モデル

▲HD-115 A,S-ESV/ATB
希望小売価格:¥260,000(税抜)

▲HF-415 A,S-ESV/ATB
希望小売価格:¥260,000(税抜)

▲HD-531 SF,S-ESU/ATB
希望小売価格:¥280,000(税抜)

▲HF-531 SF,S-ESU/ATB
希望小売価格:¥280,000(税抜)

ATBシリーズにはこの他にもエクストラスリムネック搭載モデルがございます。

ASKA Team Build商品一覧へ

 
 

ARTIST’S VOICE – ギタリストの声 –



「ライブで一曲終わってすぐにギターをエレキギターからアコギに持ち替えないといけない時、グリップやネックの握った感じが変わってくるとそれがストレスになります。エレキでできていたプレイがアコギで出来なくなることもあるが、このモデルは入れ替えた時の違和感が全くなくてノンストレスで弾けるギターです。」ギタリスト磯貝一樹


試奏動画

▲磯貝一樹による試奏動画


▲おさむらいさんによる試奏動画


製品に関してご不明点などがございましたらカスタマーサポートまでお問い合わせください。

お問い合わせ