headway


Headwayとおさむらいさんが共同開発したシグネチャーストラップ。「紫陽花は縋り付く」(あじさいはすがりつく)をコンセプトに描かれたデザインがレザーに刻印されている。イラストレーター柴尾による繊細なアートワークは現代的ながらも手描きのぬくもりを伝えている。

好評発売中!


おさむらいさんのトレードマークでもある扇風機ロゴを配置


素材感が際立つ手塗によるカラーリング。自然な色むらも含めて独特な風合いに仕上がりました。


横幅63㎜の適度に幅広なストラップ。肩に食い込まずしっかりと楽器をサポートし、アコースティックギターだけでなくエレキギター、エレキベースなどの比較的重めの楽器でも活躍します。

全長1250mmから1430mm
最大幅63mm
厚み約5mm
重さ220g
素材PVCレザー
希望小売価格¥4,000(税抜)

 

注意事項:PVCレザーによってラッカー塗装が反応するケースがあり、ラッカー塗装へのギターには非推奨です。本製品は手塗りで塗装されており、ビンテージ風の素材感を出す為に色むらのある仕上がりとなっております。色むら、色のかすれ具合には商品によって個体差がございますことご了承ください。


本製品に関するご予約・ご質問は以下リンク先のディバイザー製品取扱店までお問い合わせください。

ディバイザー製品取扱店一覧

イラストレーター「柴尾」による手描きのアートワーク

定規などを使わず、手描きで細かいモチーフをいくつも組み合わせて一つの形を作り上げる技法を得意とするイラストレーター「柴尾」によるアートワーク。紫陽花と共に「縋り付くもの」の象徴として、唐草模様にも似た蔦を這わせている。松のモチーフなど日本伝統の美と繊細で現代的なアートワークを融合させながら、手描きという温もりのある手法でおさむらいさんの世界観を表現している。

柴尾 Twitter

おさむらいさんより

桜は散る。梅はこぼれる。椿は落ちる。花の終わりを飾る日本語は多種多様な中で、実は紫陽花はほとんど枯れません。 冬まで残る紫陽花の萼は、茶色く濁っていくが、美しい花の形を保ったままです。 例えば女性が化粧するように、男性が体を鍛えるように、人は年齢に抗おうとする。 そういった努力、それ自体もまた紫陽花のように美しく思えるのです。 ギターを弾く姿勢を保持する、ストラップにもその美しさは重なって見えます。

おさむらいさんアーティストページ
たん
こく
べにあか
くりうめ

お問い合わせフォーム