test

【ディバイザーがゆく!ギターショップ巡り】広島尾道編~O’sWay様~

姫路をあとにし南へ、向かった先は広島県尾道市。

尾道と言えば情緒豊かな街並みに、猫ネコねこ猫の街!そんな風情が漂うノスタルジックな商店街にあるお店をご紹介致します!

O’sway(オーズウェイ)”様にお邪魔させてもらいました!

ディバイザー:お店の創業はいつですか
柳川2010年1月9日です。

ディバイザー:お店の名前の由来を教えていただけますか?
柳川:私の造語で、O’s(おの) Way(道)=O’sway は尾道という意味です。尾道に根差したいという気持ちを込めています。

ディバイザー:お伺い当初からずっと気になっていたんですがそういう意味だったんですね!
このお仕事についたきっかけはどういったことですか?

柳川:業界違いでサラリーマンをしており定年退職まで勤めるつもりでしたが、ずっとギターが好きで、人生一度なのでちょっとしたタイミングで店を始めました。

ディバイザー:ご自身の好きな音楽、ミュージシャン、ギターについて教えてください。
柳川:ジャズ、ブルース、70’Sロック、お決まりのクラプトン、ツェッペリン、オールマン・ブラザーズバンド、そのあたりは特に好きです。

ディバイザー:ギターを弾き始めたのは何歳からでそのきっかけは何でしょうか?当時はどんな曲を演奏していましたか?
柳川:中学生ぐらいから(当時のGSの影響は大きかったですね。年がバレますが・・・)
元々のきっかけは父親がピックギターをいつも弾いていたから。 GSやベンチャーズです(※GS:グループ・サウンズ)

ディバイザー:主にどんな商品を取り扱っていますか?
柳川:エレキギター、アコースティックギター本体が中心ですがオーダーがあれば仕入れれるものは何でも販売します。

ディバイザー:現在入荷している商品でお勧め品はどれでしょうか?お勧めポイントも合わせて教えてください。
柳川:やはりHeadwayさんのHF-415SE A,S/ATBは素晴らしいですね。それからHJ-HOBO URUSHIも低音から高音までバランスよく鳴ってくれます。 
漆塗りのボディもグッドですね。SeventySevenもいいですね。私がディバイザーさんのファンなんです。お薦めポイントは楽器の良さに対し、良心的な価格です。

ディバイザー:ギター選びについてお客様にアドバイスがあればお願いします。
柳川:どこのメーカーとか価格とかきりがないのですが、まずは自分が持ちやすくて(弾きやすくて)、ルックス的に好きなモデルですね。ベテランの方は音でのこだわりがありますが、初心者に近い方はまず弾きやすさと、好きなルックスのギターをお勧めします。

ディバイザー:お店のモットーやこだわりがございましたら教えてください。
柳川:自分がギター好きでショップに行ってた時のように、お客様のお話しを聞いて相談に乗っています。

ディバイザー:親身になって愛機の相談に乗っていただけるのは有り難いです!

▲代表の柳川様。HJ-HOBO URUSHI F,S/STDをオススメモデルとご紹介頂きました。

販売店一覧

ディバイザー:HEADWAY MOMOSEについての印象やお勧めポイント、どんな方にお勧めしているか教えてください。
柳川:技術がしっかりしている。価格が良心的、サウンドを優先するお客様にお勧めさせて頂いております。

O’sway 代表 柳川様ご協力ありがとうございました!!

尾道といえば猫とラーメン!だけじゃないギターショップの魅力をご紹介しました!
次はあなたの街かもしれません!
次回もお楽しみに!!

O’sway(オーズウェイ)店舗様情報

ご住所:〒722-0036 広島県尾道市東御所町3-17 安田ビル2F
TEL/FAX:0848-24-5853
WEBサイト:http://www.osway-gt.com/

これまでの「ディバイザーがゆく!ギターショップ巡り」はこちら


最新完成モデルや新着情報を随時更新中!

DEVISER 公式Twitter
@DeviserGuitars

DEVISER 公式 Instagram
@deviser2016


特設サイトはこちら