HC-581E A,S/ATB

希望小売価格¥350,000(税抜)

COLOR

NA Jan /
4571470378082

Specification

Body Top

Sitka Spruce

Body Side&Back

Indian Rosewood

Neck

African Mahogany

Fingerboard

Ebony

Nut

Bone

Saddle

Bone Short

Bridge

Ebony

Machineheads

GROVER/102-18G

Fret

HHF-AG

Pickup

LRBUGGS Anthem

Control

Vol,Phase,Mix,Battery Check,Tru-Mic Gain

Scale

645mm

Width at Nut

43.0mm

Bracing

Scalloped Advanced Rear Shifted X Bracing

String

Elixir NANOWEB Light(.012-.053)

Accessories

ハードケース、六角レンチ、保証書

Introduction

LR Baggs Anthemに最適化されたヘッドウェイHC最新作

※上記2枚の画像はJESウェブサイトより引用

今やプロミュージシャンをはじめ、多くのギタリストから圧倒的な支持を得るアコースティックギターのピックアップ/プリアンプシステム「LR Baggs Anthem」を予め搭載した、ヘッドウェイHCモデルの最新作です。

AnthemについてはJES様ウェブサイトをご確認ください。
http://jes1988.com/blog/wp-content/uploads/2013/04/Anthem.pdf

独自設計の「Tru-Mic」とピエゾピックアップ「Element」という2系統の入力を絶妙にブレンドするコントロールシステムがAnthemの要です。このプリアンプとヘッドウェイギターがしっかりと組み合わさり、実力を発揮するためにギターの構造面にも多少の手を加え、最適化しました。

ギター構造に手を加え弦アース処理を行ったほか、ブレイシングのスキャロップについてもアンプからのアウトプットを視野に微調整を施しました。

ボディ内部のブレイシングを本モデルに併せて最適化(画像はイメージです)。従来ヘッドウェイのギターづくりでは生音が最も引き出される様に力木を削ります。力木の削り具合は出音に直結するため、強度と音量、鳴りのバランスを見ながら加工を行います。

ただし、ピックアップ搭載モデルの場合、アンプ出力も視野にバランスを取る必要があります。具体的には、あまりにボディが振動しやすい(ブレイシングを削り過ぎる)と、ハウリングしやすくなり、エレアコとして扱いづらく鳴ってしまいます。そこでHC-581E A,S/ATB、HC-583E A,S/ATBではあえてブレイシングの削り具合を見直し、生音での鳴りとエレアコ使用時の取り回しやすさを考慮した削りを行っています。

ブリッジ下部に金属のシートを挟み接着することで弦アースを取っています。ピックアップを搭載する前提で製作するからこそ、ノイズ対策のひと手間も非常にきれいな仕上がりで作り上げることができます。

他にも下記のブログで詳しく説明の通り、「弦高を低めに設定する」「握りやすさを考慮したスリムUネック」「サイドポジのルミインレイ」など演奏面、音質面の両面で大幅なアップデートを施した本モデル。

今まで「ヘッドウェイは生音だけでしょ」というイメージをお持ちだったギタリストの方にこそお勧めしたい、進化したヘッドウェイのエレアコ・ニューモデルです。

ヘッドウェイ500番モデルの特徴を紹介するブログリンク

ヘッドウェイ500番モデル特集ぺージ https://www.deviser.co.jp/content/new500