test

HF-415 A,S-ESV/ATB

希望小売価格¥260,000(税抜)

COLOR

AN Jan /
4571470383154

Specification

Body Top

Sitka Spruce

Body Side&Back

Indian Rosewood

Neck

African Mahogany 1P

Fingerboard

Ebony

Nut

High Density Bone(水牛骨)

Saddle

High Density Bone(水牛骨)

Bridge

Ebony

Machineheads

GOTOH/SG301 01 GG

Fret

HHF-AG

Scale

628mm

Width at Nut

43.0mm

Neck Grip

Extra Slim V Grip

Bracing

Scalloped Advanced Rear Shifted X Bracing

Finish

Thin Urethane

String

Elixir NANOWEB Light(.012-.053)

Accessories

ハードケース、六角レンチ、保証書

Headway史上最も薄い“Extra Slim V Neck”採用!
弾きやすさに徹底してこだわった新定番モデル。

ヘッド裏に専用ロゴが入ります

ネックが肉厚で、しっかりと握り込んで力強くストロークするような骨太な印象が先行していたヘッドウェイギターのイメージ。その印象によってヘッドウェイを手に取り、好んで弾いて頂ける方がいる一方、同じ理由で敬遠されていた方もいらっしゃるかも知れません。

特にフィンガーピッキングスタイルや、早いパッセージを難なく弾きこなすために薄くナローなネックグリップを好むプレイヤーの方へ向けて、現在ヘッドウェイが考える最も薄いグリップシェイプを開発しました。

ネックグリップを薄くすることでまず心配になるのが「ネックの強度」ですが、もちろん抜かりはありません。ヘッドウェイカスタムショップ製品で百瀬恭夫をはじめ各職人のモデルで近年採用されている棒鉄芯+カーボンサポートx2本の「ハイストレングスネック」を飛鳥チームビルドシリーズで初めて採用!

グリップが薄くなる分ネック本体の質量は減少しますが、ハイストレングスネック構造により、剛性は高まり、不要なネックのしなりを抑え弦の振動がスムーズにボディトップに伝わります。

ハイストレングスネックの説明ブログ

https://www.deviser.co.jp/headway/topics/carbonsupport

職人が語るハイストレングスネックビデオ