近年新しいネックグリップやブレーシングの開発など、より良い製品を作るための研鑽を続けてきたHeadwayの高級本格派ラインAska Team Build series。本ページではその数あるラインナップからHeadway が現在自信を持って推薦する4本の「新定番機種」をご紹介します。               
4機種を「伝統」の115&415モデルと、「現代」の500シリーズの2つの軸に分けて、違いを各要素ごとに比較致しました。 「国産の本格派Headwayに関心があるがどのモデルから試したら良いかわからない」―そんなお客様はまずはこの4機種の中から試して頂き、自分に合う一本を見つけて頂ければ幸いです。


昭和からの定番モデル115と415。オーセンティックなルックスとHeadwayらしい明瞭で粒立ちの良いサウンドが特徴です。 職人芸とも言える伝統の本格仕様はそのままに、新しい「Extra Slim V」ネックグリップにより演奏性も飛躍的に向上しています。

左からHD-115 A,S-ESV/ATBHF-415 A,S-ESV/ATB

プレイヤー視点で開発された500番シリーズ。Headway代名詞の「丈夫な造り」は保ちつつもシャープで近代的ななルックスから柔らかく広がりのあるサウンドを奏でます。 高い演奏性を求めてHeadway史上最も薄い設定の「Extra Slim U」ネックを採用しています。

左からHD-531 SF,S-ESU/ATBHF-531 SF,S-ESU/ATB

ヘッド

創業当時から使われているゴシック体のロゴを採用したシンプルでトラディショナルなスクウェアヘッド形状。

羽ばたく鷹を木材のインレイによって表現したヘッドトップ。ロゴも丸みのあるヘッド形状に合わせてデザインされています。

指板インレイ

発売当初の昭和の115、415から採用されているスタンダードなスノーフレークインレイ

フレットによってサイズを変えっており、より豪華になったスノーフレークインレイ

ロゼッタ

白黒ストライプで構成された伝統的な3リング。スタイルを選ばない普遍的なデザインです。

ヘリンボーンパターンに500シリーズのテーマカラーである赤のラインを加えてアクセントをつけています。

ピックガード

オーソドックスなティアドロップ形状のべっ甲柄ピックガード

500シリーズオリジナル形状のべっ甲柄ピックガード

              
ブリッジ

いわゆるベリータイプのエボニーブリッジ。面積の広い伝統的なスタイルです。

幅を少し狭くして曲線をつけることにより、よりモダンな形状に調整されています。

ペグ

堅牢なハウジングでギアをカバーするロトマチックスタイルのペグはオープンギアタイプよりも比較的重量があり、低音部分のサスティンに影響を与えます。

GOTOHのフラッグシップ510シリーズの中から軽量なオープンギアタイプのペグを選択しました。軽量であるため高音域の表現力が高く、低音域の強い34ブレーシングとバランスを取っています。

ブレーシングは耐久性を高めるだけではなくアコースティックギターの音質を左右する大きな要素となっています。それぞれのモデルのコンセプトに合わせて違ったタイプのブレーシングを施しています。

ブレーシングのクロス位置がブリッジ側に近いところに設定されています。 基音の成分が多くなり、芯があって明瞭で明るめのサウンドが特徴です。補強力が高くブリッジ起きなどのトラブルが少ないことも利点です。

ブレーシングのクロス位置がサウンドホール側に近いところに設定されています。 ブリッジ付近のオープンスペースが広くなることによってトップ板が振動しやすくなり、低音域がより強調されたふくよかで柔らかめなサウンドとなります。

この新定番4機種ではHeadway史上で最も薄い設定で握りやすい形状のエキストラスリムネックを採用しました。ネック内部にカーボンロッドの補強に入れることによりHeadway従来の特徴である堅牢さ、安定性も保持しています。女性や手の小さいプレイヤーにも試して頂きたい自信のネックグリップです。

Vの字のようにネックグリップの山の頂点がほんの少し尖っているソフトV形状です。 両サイドが削られることによってよりボリューム感を抑えた形状となっています。 さらさらとした肌触りのサテン仕上げを施しています。

Uの字のように手のカーブにフィットする丸みを帯びた形状です。 少し使い馴染んだ後のネックのような半艶仕上げを施すことにより、適度に手がネックに吸い付く程よいグリップ感を実現しました。


創業当時から行っているネックのアリ溝仕込み、塗装後の後仕込み、1ピースネックの使用など妥協を許さないHeadwayのギター作りを継続しながらも、新しい素材や技術を柔軟に取り入れることによって更なる品質向上に日々取り組んでいます。

ワンピースネック


ヘッドからヒールまでネック全体を一つの角材から切り出しています。 これによってネック全体が振動しやすくなると共に、ネック起きのトラブルも軽減します。



HAEDWAYで使用するネックは全て1ピースネックとなってり、マホガニーの角材から2本しか取れない木取りで切り出しています。 そのため角材の真ん中部分は木材のロスとなっています。 より効率の良い木取り方法もありますが、HEAWAYカスタムビルダーである、百瀬が大切にしている長く安心して使用できるギター製作の信念に基づきワンピースネックを採用しています。サウンド面でも木材繊維が途切れていないため、振動の伝達効率が高い仕上がりとなっています。
▲図1解説
上段 マホガニー材の角材
中段 マホガニー材からネックを2本切り出した状態
下段 マホガニー材のロス部分



アリ溝仕組み


アリ溝仕込み(ダブテイル・ジョイント)でネックとボディを接合しています。 構造上接合面積が大きくなるため振動の伝達性が向上し、鳴りの良さやサウンドの芯の太さに寄与します。 またHeadwayでは接合部分の隙間が限りなく無くなるように、非常にタイトに加工するため、更に安定性が高くなりネック起きなどのトラブルが起き辛くなっています。



後仕込み


ネックとボディを別々に塗装し、塗装が終わってから仕込む(接合させる)「後仕込み」の方法を採用しています。 理由としては、一個体に対して適切な仕込み角で接合させることを目的にこの手法を取り入れております。 アコースティックギターのボディに使用されてる木材の厚みは、2.5~3mmとなっており外的要因に大きな影響を受けます。 製作工程の間にどうしてもボディの浮きや凹みの変化があり、先仕込みですと最終的な調整を行うことが非常に困難で、後々のトラブルにも繋がります。 また、見た目に部分でもネックとボディの接合部分に塗装の吹き溜まりが無くなり美しい仕上がりとなります。 塗装で接合部分を隠すことが出来ないため、ボディとネックの間に隙間が無い様により精度の高い組み込み技術が求められる方法です。



水牛骨&サドル


通常の牛骨よりも骨密度の高い水牛骨(High Density Bone)をATBシリーズ全モデルに採用しています。仕入れ段階で厳しい基準を設け1.7以上の比重のもののみ使用しています。これは現在入手が非常に難しくなっている象牙の比重に近く、外観面、質感はもとより音質面でも高い効果を発揮します。



Headwayオリジナルフレット


フレットメーカーに特注したオリジナルフレット「HHF」をATBシリーズ全機種に採用しています。 材質はニッケルシルバーですが、構成する金属の比率を調整することにより硬度を上げさらにフレットの山を従来のフレットよりもごくわずかに(約0.2mm)高くすることで長寿命化を実現しました。




後からプリアンプを乗せる場合必ず必要になるのが電池。通常マジックテープ式の電池ボックスをネックブロックに貼り付けるという方法を取る場合が多いですが、テープの力が下がってしまい電池が落ちてしまうというトラブルも珍しくありません。 500シリーズでは予め電池ホルダーをビスでしっかりとネックブロックに固定しているため、こういった心配が無く安心してギターをご使用頂けます。


アコースティックギター用ピックアップの一般的なエンドピンジャックの径と同じ約12.2mm径のエンドピンが搭載されております。これにより木部の加工無しでピックアップのエンドピンジャックを取り付けることが可能です。 ※お使いのピックアップ、エンドピンジャックによって径が異なり加工が必要になる場合もございます。必ず取付前にご確認をお願い致します。


蓄光素材で暗闇で光りを放つ「ルミインレイ」のドットポジを使用しています。 ステージ上など時によって光量が落ちて暗くなる場所での演奏時に重宝します。

▼HD-115 A,S-ESV/ATB
▼HD-531 SF,S-ESU/ATB
▼HF-415 A,S-ESV/ATB
▼HF-531 SF,S-ESU/ATB





TOPへ戻る