test

和材ウクレレ!特集第三弾~HSC-KUROGAKI’20~

夏にピッタリな、Headway和材ウクレレ特集企画第三弾です!

前回のまでの記事はご覧頂けましたでしょうか?
まだの方はぜひこちらもご覧ください!
第一弾桜モデル~HSC-ALL SAKURA’19~はこちら
第二弾朴木モデル~HSC-HOUNOKI’20~はちら

さて、今回の特集モデルは「黒柿(クロガキ)」を使用したモデルです!

黒柿、そう!皆さまがイメージする「柿の木」ですが、その中で黒い杢目が現れるものを黒柿と言います。

その特徴を解説いたしますので、ぜひご覧くださいませ!

特集モデル~HSC-KUROGAKI’20~

黒柿材とは??

前記しておりますが、黒柿とは「柿の木」になります。
その中で一部の物だけが切ったときに黒く縞杢を生み出します。
黒くなる理由はまだ解明されていないとか…長い時間が生み出す自然の美しさとも言えるかもしれません。
日本の木材の中で黒柿は最高級品となり用いた、家具や小物は高級品になります。

音質・特徴

硬くしっかりとした木材でレスポンスと切れの良いサウンドが特徴的です。
音質も硬く密度が高いことから来る、綺麗な高音と張りのある低音が弾いていて気持ちの良い音を奏でます。

指板にも贅沢に黒柿を使用しており、黒柿らしい黒と白の縞杢が全体で美しいモデルです。
美しい黒柿の縞杢を生かす為、木取りにも気を使っており、左右で美しいバランスになるよう職人の技で木取りを行っております。

ペグにはGOTOH製のUPTL-UBN-GGを搭載しております。Headwayテクニカルディレクターの安井イチオシのウクレレペグです。
伝統的なストレート型ペグながらギアを内蔵することにより飛躍的にチューニングの安定性が向上したペグで、演奏中にチューニングが狂う心配がありません。

柿の木の中で限られた物のみが黒柿となり、そこからさらに杢目の良い物を使用しておりますので、非常に希少価値の高いモデルですので、気になる方はぜひお近くの楽器店様又は弊社カスタマーサポートまでお問い合わせくださいませ。

【カスタマーサポート】
TEL:0263-57-9608
お問い合わせフォームはこちら

自立するしっかりとしたケースが付属致しますので、持ち運びの際も安心です。
ポケットも多く、チューナーやメンテナンス用品などの小物も一緒に入れておけるので機能性もバツグンです。

スペック

ボディ・・・Solid Kurogaki
ネック・・・Sendan 1P
指板・・・Kurogaki
ナット&サドル・・・Bone
ペグ・・・GOTOH/UPTL-UBN-GG
スケール・・・345mm
ナット幅・・・35.0mm
希望小売価格・・・150,000円税別
製品ページはこちら

キャンペーン情報

只今、Headwayではサマーキャンペーンを実施中です。
こちらのHSC-KUROGAKI’20を期間内にご購入頂き、付属のお客様登録カードをご返送頂きますと、百瀬恭夫直筆のブレイシングパターンがプリントされたTシャツがもらえるキャンペーンとなっております。

▼キャンペーン詳細はこちら▼

最新完成モデルなど新着情報を随時更新

Twitter
@DeviserGuitars
Instagram
@deviser2016