HD-YOZAKURA’24 SF,S/STD

希望小売価格¥260,000(税抜)

COLOR

TY-GR Jan /
4571470401926

Specification

Body Top

Sitka Spruce

Body Side&Back

Yamazakura

Neck

African Mahogany

Fingerboard

Richlite

Nut

Bone

Saddle

Bone

Bridge

Richlite

Machineheads

GOTOH®SG301 01 GG

Fret

HHF-AG2S

Scale

645mm(25.4inch)

Neck Grip

Slim U

Width at Nut

43mm

Bracing

34 Semi Forward Shifted, Scalloped X Bracing

Finish

Thin Urethane

Strings

Elixir® NANOWEB Light(.012-.053)

Accessories

ハードケース、六角レンチ、保証書

細部の仕様とデザインは予告なく変更になる場合がございます。

Introduction

10周年を迎えたHeadwayの桜ギター

私たちの桜材を使ったギターの始まりは、2014年に製作された一本のウクレレからでした。従来の輸入材とは木質もサウンドも異なるこの木材に、Headwayは長年のギター作りの知識と技をもって今日まで向き合いを続けています。そして本年、ついに10周年という節目を迎え、さらなる飛躍と世界へ羽ばたいて欲しいという願いを込めた特別なモデルがここに完成しました。

Twilight Yozakura Gradation

沈みゆく夕暮れの空と桜の色合いから着想を得た「Twilight Yozakura Gradation」を採用。
紫と桜色からなるカラーリングは桜を見ながらの淡い空模様を絶妙に表現しております。

10周年を記念したデザイン

ヘッドに刻まれた「鶴」のモチーフ

多くのユーザーの皆様に支えられて10周年を迎えた桜ギターへの思いを込めて、ヘッドには縁起を担ぐ存在である「鶴」のインレイをデザインしました。鶴は渡り鳥であるという側面も併せ持っており、日本のみならず、国境を越えて世界中で愛されるギターになって欲しいという願いが込められています。

咲き誇る桜のインレイとパープルハート素材のピックガード

桜モデルを象徴する要素の一つとして、指板上にはアクリルと木材を使用して巧みに表現された桜のインレイが施されています。また、ピックガードには紫色の木色を持つパープルハートが用いられました。

国産材 ヤマザクラを使用したボディ

日本国内で採取された山桜(ヤマザクラ)をサイドバック材として使用。非常に硬質な特徴がありローミッドにピークを持ちつつも、桜材特有の甘いサウンドを奏でます。ボディ中央にはピックガード材と同じパープルハートによるセンターラインが装飾されています。

10周年を記念したアニバーサリーロゴ

ヘッド裏にはHeadwayの桜モデルを象徴する「和傘の女性」から着想を得た、10周年モデル限定のアニバーサリーロゴが刻印されます。

34セミフォワードシフテッドブレーシング

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: momose-portrait_0-800x534.jpg

Headwayマスタービルダーの百瀬恭夫が1934年製のビンテージギターのブレーシングを研究し、独自に発展させたブレーシングを継承。Xのクロス位置がサウンドホールに近いセミフォワードシフトで新品時より低音の反応がよく、ボリュームのある鳴りを持ちます。フォワードシフトよりも5mmほどブリッジ寄りになっていることにより、トップ板の安定性も考慮された設計が行われています。



桜ギター10周年に合わせた特設サイトを公開中!